Appletをブラウザにあわせてリサイズする方法・Javaの小技、サンプル、ニュースなどを紹介していきます。みんなで参考にしてください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Appletをブラウザにあわせてリサイズする方法


Appletをブラウザにあわせてサイズを変更する方法は、簡単です。

Appletを埋め込むタグ InternetExplorerでは OBJECT タグ、Mozillaなどでは EMBED タグの WIDTH、HEIGHTを%指定します。

そうすると、Appletのサイズはブラウザに合わせて変更されます。

ただ、AppletでJSplitPaneやJLayeredPaneを使っていてウィンドウを複数表示している場合は、プログラムでウィンドウのリサイズや再配置を行ってやる必要があります。
例ではリサイズのイベントは以下で取得できますので、イベント発生したらupdateLayout()を実行します。


addComponentListener(new ComponentAdapter() {
public void componentResized(ComponentEvent e) {
updateLayout();
}
});

スポンサーサイト
Copyright © Javaテクニカルサンプル集 All Rights Reserved.

相互リンクRANGER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。